日常のできごと

クジに対するお客さんの反応いろいろ

johnhain / Pixabay

私が働いているコンビニでは

先日まで700円以上お買い上げで1回クジが引けるという

キャンペーンをやっていました。

 

確率としては50%くらいで缶コーヒーやお菓子

ビールなんかも当たったりするので

お客様に喜ばれていましたね。

 

私が期待していた「クジはいいです」と言って断るお客さんも何人かいました。

朝の時間帯で忙しいというのもあるのでしょうが

マインドの高い人なのだなと感心していました。

 

お客さんの反応もいろいろで

ほぼ9割方の方はクジを引き、当たったら喜び

外れたら(応募券)レシート捨て場に捨てていくという感じ。

普段無愛想な常連さんでも缶コーヒーひとつでにこやかになっていたので

このキャンペーン戦略も意味があるのかなと

企画を考える方の洞察にも感心しました。

 

ただ外れた場合、特に急いでいるお客さんを呼び止めてまで

結果、外れた場合は不機嫌の度合いをさらに上げることになるので

従業員としては接客してて辛い面もあります。

 

いいなと思ったお客さんは

外れたときに、「朝からこんなことで運を使うもんじゃないな」と

笑って帰っていかれた方です。

この方はクジはいいですと断る方よりも

ある種マインドが高いのではないかと感じました。